變電叢書刊行準備【野川隆評伝:前期】Gの震動—1901〜1927  第三章 疾走期【関東大震災と「Gの發音の震動數と波形」たる『ゲエ・ギムギガム・プルルル・ギムゲム』・橋本健吉・稲垣足穂・暴れる玉村善之助】

社主持田です。ようやく!ようやく前期評伝完結! もっとも中期評伝・後期評伝に続きますが、とりあえずは野川隆二十…

「戦後70年談話」における「挑戦者」なるモノの「ある側面」としての野川隆後期詩『丘の上の鏟地』『夢みる友』初公開と14回芥川賞候補作『狗寶』再掲と『哈爾賓風物詩』を歌う池田隊長【懲りずに變電社再起動宣言】

あまりにも久しぶりすぎて芸風忘れてしまった變電社社主持田です。ご無沙汰過ぎていますが終戦70年目の本日に何かポ…

【20世紀跨ぎ生まれ「X」とその世代】「公敵」としてのコンテクストメイカー梅原北明『殺人會社』『文藝市場宣言』『火の用心』『ぺてん商法』【FIGHT THE POWER】

大「變」ご無沙汰しております。社主持田です。当サイトの更新ならびに念願の野川隆集のストア公開がままなっておりま…