【變電社SUZURIショップ再起動】Cool&Dopeな20-30年代デザイングッズをリバイバルさせて売っていくよ宣言【玉村善之助1922年10月『エポック』カバーデザイン他】

こんばんわ!我ながら更新が倍速気味でびっくりしています社主持田です。
以前より變電社SUZURIでPDグッズ利用を以前から初めておりましたが

變電社SUZURIショップ

變電社SUZURIショップ2016年はばんばん出していきますよ!

變電社SUZURIショップで2016年はばんばん出していきますよ!

2016年は本格稼働はじめます!本日更新したのが2点!Check this out!

『エポック』 10月號(1922年10月)玉村善之助 カバーデザイン

玉村善之助(方久斗)の1922年『エポック』カバーデザインでありますが、1920年代とは思えない表現派風の勢いある見事なアートワークでありますねえ。うっすら「帝国図書館」印が見えるのも愛嬌。国立国会図書館デジタルコレクション使いましたが、Web公開されていない館内限定データの複写再スキャンしたものです。

玉村善之助(方久斗)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%89%E6%9D%91%E6%96%B9%E4%B9%85%E6%96%97
玉村 方久斗(たまむら ほくと、本名:善之助、1893年11月13日 – 1951年11月8日[1])は、大正から昭和初期に、日本画における前衛を追求したことで知られる日本画家。別号に、連城、北斗がある。本名の玉村善之助、またタマムラ・ゼンノスキーと名乗っての活動もあった。

なお玉村善之助(方久斗)は野川隆と奥さんが遁走した逸話の持ち主ですが、大正信仰美術運動ならびに前衛詩の現場でえ『ゲエ・ギムギガム・プルルル・ギムゲム』野川孟・隆兄弟と絡んでおるキーマンとして調査追跡中ですので詳細後日!また『エポック』カバーデザインは他にもゼンノスキー・センス炸裂した素敵な表現派風「破壊芸術」カバーがまだまだありますので、シリーズ追加してまいります!

イリヤ セリビンスキー『芸術と文学』(1931年)ブックカバー
Sel’vinskii, Il’ia L’vovich: Khudozhestvennaia Literatura, 1931.

スマートフォンケース/Tシャツ/トートバッグ/マグカップ

年始にニューヨーク公立図書館パブリックドメインデジタルデータ公開されましたが、こちらも早速使い倒してみました!

2016年01月07日 12時32分00秒:GIGAZINE「無料で使える18万点もの歴史的なデジタル資料をニューヨーク公立図書館がアップロードして公開中
http://gigazine.net/news/20160107-nypl-digital-collections/

NYPL Digital Collections
上記がニューヨーク公立図書館が無料で利用・共有が可能な18万点以上のデジタル資料です!

今回はこちらピックアップ!
Sel’vinskii, Il’ia L’vovich. Pushtorg. [Fur-Trade.] Moscow: Khudozhestvennaia Literatura, 1931.
http://digitalcollections.nypl.org/items/510d47e2-d361-a3d9-e040-e00a18064a99

イリヤ セリビンスキー
https://kotobank.jp/word/%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%83%A4+%E3%82%BB%E3%83%AA%E3%83%93%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC-1625189

1899.10.24 – 1968.3.22 ソ連の詩人。モスクワ生まれ。
1926〜30年まで構成主義詩派の主導者として活躍し、科学と詩の結合を目指し、新しい主題には技術・科学用語の使用が不可欠であると主張した。現代ソビエト詩人の中で最も洗練された詩風をもつ一人で、作品には長編叙情詩「ウリャラーエフシチナ」(’27年)、詩劇「第二軍指令官」(’29年)、戯曲「ブルシーロフ将軍」(’41年)などがある。セリビンスキー自体は著作権は切れていませんが、カバーデザイナーが”Content: Cover design by unknown artist”ということでニューヨーク公立図書館が無料で公開後70年経過したということでPDの模様。

さてこんな感じに文学作品テキスト問わず、今後もパブリックドメイン使い倒し実践を敢行する變電社、ひきつづき御愛顧たまわらんことをよろしくお願いいたします!

次回は現在、野川隆著作集パブリッシング準備中でありますが、そちらにに添えるつもりの「Gの震動ー1901〜1927【野川隆評伝:前期】」を先出し公開予定です。新発見(私が)続出の評伝!乞うご期待!

社主 持田 泰

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です